質屋に偽物ブランド品を持って行ってもいい?

プレゼントでもらったブランド品、もしかすると偽物かも?それでも質屋に持ち込める?そんな不安がある人は必見です!偽物でも質屋利用できるかどうかについて、詳しく解説しています。

質屋に偽物ブランド品を持って行ってもいい?

「プレゼントでもらったブランド品を質屋に入れたいけど、本物か偽物かわからない」という声は意外にもよく聞きます。

プレゼントを贈ってくれた人と一緒にお店に行って買ったものでない限り、それが正規品かどうかは正直わかりませんよね。

融資が必要なのにこれでは困ってしまいます。

でも、このような状態でも質屋に品物を持ち込んでかまいません。

質屋では、無料で査定をしてくれ、査定内容にかかわらず質入れせずに持ち帰ることもできます。

そのため、品物が本物かどうか確実にわからなくても、まずは質屋に持って行って、質入れ可能な判断が出たら融資をお願いしよう、無理だったら持ち帰ろうということもできるのです。

ただし、質屋の査定士は、品物を偽物か正規品かを判定する資格を持っているわけではありません。

あくまで、質屋で預かれるかどうかを判断する専門家です。

無料査定ができる・質入れせずに持ち帰れるという点だけに着目して、査定目的のみで質屋を利用するのはやめましょう。

また、明らかにコピー商品・偽物だとわかっている品物の持ち込みはNGです。

偽造品を質屋に持ち込み、嘘をついて融資金を受け取ると、商標法違反や詐欺罪によって逮捕されることもあります。

実際に、偽物のブランド品やダイヤモンド・プラチナなどを持ち込んで質利用し、逮捕されているケースは多数あります。

偽物かどうかわからないものはOK(ただし査定のみ目的はNG)、偽物は絶対NG、と理解しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加